メディカルアートメイクとは、やってみた分かったメリット

麻酔をすることができ、痛みはほとんど感じませんでした

メディカルアートメイクとは皮膚の薄い層に専用の針で色素を入れていくもの麻酔をすることができ、痛みはほとんど感じませんでした2回のメディカルアートメイクをしてからは、目元がはっきりとした

ドクターに相談しながら、効果を実感しやすくて、きれいに見えるように薄く眉にメディカルアートメイクをして形と色を整えることと、目がぱっちりと大きく見えるように目の縁にラインをすることにしました。
痛みなども心配だったのですが、麻酔をすることができ、施術後にも飲み薬も使うことができるので、ほとんど痛みは感じないと聞いたので、事前に痛みの心配を取り除けたので良かったです。
メディカルアートメイクをしている時には、痛みはほとんど感じませんでした。
事前に打ち合わせていた通りに、眉とアイラインの部分に機械をあてたりしながらメディカルアートメイクを施していきます。
緊張していたので、かたくなっていましたが、看護師さんや先生が優しく話しかけてくれたので、最初の緊張も徐々に解けていきました。
どこをやっているのかは分かるという程度で、時間的にも思っていた以上に短時間ですぐに終わり帰宅できました。
色が定着するまでには少し時間が掛かるそうで、施術後すぐの時には、大きな効果の実感は無く、少しだけ腫れました。
肌に負担をかけずに、きれいに色を入れるためには、2〜3週間くらいあけてから2回目をすると良いということだったので、最初から2回の計画にしていました。
2回目の施術の時には、緊張せずにすることができたので、これならメンテナンスの時も楽に行えると思いました。