メディカルアートメイクとは、やってみた分かったメリット

メディカルアートメイクとは皮膚の薄い層に専用の針で色素を入れていくもの

メディカルアートメイクとは | HAAB式メディカルアートメイク

モデルをしている友達が、すっぴんでもとてもきれいだし、忙しくてもいつもきちんとメイクをしていてモデルだからだと思っていたら、メディカルアートメイクをしていました。
興味があったので聞いてみると、メディカルアートメイクとは皮膚の薄い層の部分に専用の針で色素を入れていくものということで、汗や皮脂に強くて、メイク崩れの心配がないものだそうです。
毎日のメイクがとても楽で、いつもきれいにしていることができるということでした。
モデルをしている友達は、眉やアイラインの他にも、リップなどをしているということですが、仕上がりがとても自然で分からない位です。
メイクをした時にも顔立ちがはえるようにしてもらっているそうで、やりすぎないようにするのがポイントと教えてもらいました。
自分でもやってみたいと思い、おすすめのクリニックで相談してみることにしたのです。
クリニックではカウンセリングをしっかりとしてくれたので、メディカルアートメイクのことも分かったし、仕上がりのイメージ写真なども見せてもらうことができました。
見せてもらった写真は、どれもきれいで自然だったので、アートメイクは濃いという印象を払拭することができたし、すっぴんがきれいな人みたいになることができるならやってみたいと思いました。
自分の顔立ちの美しさを引き出すようにデザインを提案してくれたし、カウンセリングに行って初めてわかったのですが、個人差はあるものの1年から4年くらいで薄くなっていくそうなので、定期的にメンテナンスをしながら維持したり、ニュアンスを変えたりすることができると知りました。
最初にしたメディカルアートメイクが半永久的ではないというのは、自分にとってはメリットに感じ挑戦してみることにしたのです。

メディカルアートメイクとは皮膚の薄い層に専用の針で色素を入れていくもの麻酔をすることができ、痛みはほとんど感じませんでした2回のメディカルアートメイクをしてからは、目元がはっきりとした